So-net無料ブログ作成
検索選択

「映画百選」その40・・・「パシフィック・リム」 [movie]




監督 ギレルモ・デル・トロが圧倒的スケールと迫力で描く、SFアクション。2013年公開。

深海から突然、出現した巨大で凶暴なエイリアン“KAIJU"。
それは何年にもわたって何百万もの人命を奪い、人類の資源を消耗していく戦いの始まりだった。巨大なKAIJUと戦うため、人類は特殊な兵器を開発。
“イェーガー"と名づけられたその人型巨大兵器は2人のパイロットが同時に操縦する。彼らは操縦前に、神経ブリッジを通して互いの脳を同調させる“ドリフト"というプロセスを経て戦闘態勢に入るのだ。最初は優勢だったイェーガーだが、KAIJUは出現のたびにパワーを増していき、その容赦ない襲撃の前に、人類は対抗できなくなっていく。
いよいよ滅亡の危機に瀕し、人類を必死に守っている者たちに残された選択肢はただ1つ。疲れきって一度はパイロットをやめた男(チャーリー・ハナム)と、実戦経験のない新人(菊地凛子)という、ふつうなら考えられない2人がコンビを組み、旧式のイェーガーで戦うことになった。
彼らは、迫りくる滅亡を食い止める人類最後の希望としてKAIJUに立ち向かう。(Amazonより)

人型巨大ロボット vs 巨大怪獣のド迫力のバトル映画です。そのほかの細かい設定はどうでもいいです。本当に迫力があります。重量級の戦いです。思わず力こぶし握ってしまいます。

もうガキの頃に観たゴジラやロボットアニメ、それがなんていうか戦っている感じ。まあ人間ドラマ系が無いわけではないけれど、科学者の狂言回し(ギャグパート)もあるっちゃあるんだけれど、まあ重要なのはそこじゃないです。

よくぞハリウッドがこの日本風な怪獣ロボット大戦を作ったなと思いました。今公開中のハリウッド版ゴジラも前回の失敗を反省して重量級なゴジラになっているようで(観ていないからどうなのかわからないけれど)、なんていうか怪獣を理解してもらえている感がうれしいです。

この映画続編の製作が決定しているそうで。なんかラストは完全に解決した感じで終わったと思ったのにどうやってまた怪獣出すのだろう?
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 1

neworder

makimakiさん、nice!ありがとうございました。
by neworder (2014-10-02 22:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。